横浜市泉区の歯科医院  渡瀬歯科医院【一般歯科・歯周病治療・義歯・インプラント・レーザー治療他】
ホーム > 新型コロナウィルスと歯科


 新型コロナウィルスと歯科
投稿:平泉 慶子
皆さん大変な日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

まだまだ不明な事も多い新型コロナウイルスですが、最近、新型コロナウイルスと口腔との関係の情報少しずつ増えてきました。
 
日頃、何気ない日々を投稿しているスタッフブログではありますが、歯科医院として、新型コロナウィルスと歯科との関係にも目を向けていきたいと思います。
 
第一回は「免疫力と歯磨き」です。
 
新型コロナウィルスは免疫力の低下で重症化すると言われています。
 
免疫力の低下って?口の中と関係あるの?
と思われる方も多いと思います。
 
口腔内で、多くの人に見られる慢性的な炎症は、口の中の歯周病や歯槽膿漏といわれる症状です。
 
歯に汚れがたくさんついていると、歯茎に炎症が起きてしまいます。 
 
炎症が起きると免疫機能がうまく働かず免疫低下につながってしまいます。
 
免疫力を正しく機能させ、リスクを減らすためにも口腔内の環境を清潔に保つ必要があります。
 
その為には歯磨きです!
 
もちろん、定期的に歯科検診を受けたり、虫歯などの治療をするのはとても大事なことです。
 
しかし、歯科医院へ来ただけではコロナは防げません。
 
歯科医院で一回口の中を掃除しても、磨かなければ、またすぐに口の中にはバイ菌が増えていきます。
 
大事なのは毎日歯ブラシで歯についているバイ菌を磨いて落とすこと。
 
これが1番大切です。
 
また、さまざまな洗口剤も出ています。
 
これもまた、コロナ対策!と宣伝されているものが多くありますが、こちらもまた、歯磨きで汚れを落とした上で使用しないと、洗口剤の効果を発揮しません。
 
1番大切なのは、
 
歯ブラシで歯を磨いてバイ菌の塊である歯の汚れ(歯垢)を落とすこと
 
なのです。
 
しかし、正しい磨き方をしないと汚れが残ってしまいます。
 
歯ブラシだけで落ちなければ、歯間ブラシやフロスなどの使用もおすすめです。
 
 
 
正しい磨き方が知りたい!と言う方は、ぜひ、歯科衛生士にお声がけください!

2021年2月13日(土)

<< お正月休み
2021.1.28
おうちでお店の味⁈ >>
2021.2.25



はじめのページに戻る



渡瀬歯科医院
〒245-0016 神奈川県横浜市泉区和泉町1396
045-803-5335

Copyright (c) WATASE DENTAL CLINIC All Rights Reserved.